天気予報士の合格倍率について

天気予報士の合格倍率について

天気予報士、いわゆる気象予報士ですがこちらの試験の合格率は世間で知られているより意外と低いのです。

毎年1月と8月に試験が行われ、最近の合格率は5パーセント前後とかなり倍率です。

100人受けて5人しか受からないという狭き門となっています。

天気予報し自体がみんながみんななりたがる職業ではないのですが、それでも毎年5000人前後の応募者があり、合格者は200人前後という状況です。

天気予報士になったらどんな仕事をするのかというと、次の3つの職場で活躍される方が多いようです。

1、気象庁に就職、2、気象予想会社就職、3、放送業界で天気予報の仕事。

この中では難しいですが、放送業界に身を置き天気予報の仕事をするのが人気ですが、これは気象予報士の試験に合格するよりもさらに狭き門なのでとても難しいでしょう。

簡単にいうとお天気を予想するお仕事ですので的中率も重要な要素となってきそうですね。

気象庁からだされるデータを集めて分析する能力が問われるお仕事が天気予報士。

女性の天気予報士の合格者

天気予報士の合格者のなかで女性の割合はどのくらいなのでしょうか?平成26年度に気象庁が発表した気象予報士現況調査結果によると、男性と女性の天気予報士の割合は男性88%で女性が12%でした。

毎年200人くらいしか気象予報士になれる方はいないのでその中の12%ということは約20人くらいということになります。

まさに本当の狭き門と言えるでしょう。

女性の気象予報士の人気の職業といえば、ニュースのお天気コーナーのお天気キャスターです。

しかしながら、女性のお天気キャスターといえばキャスターの容姿も重要な要素となってきますので、キャスターをする女性で気象予報士の資格を持っている方は少ないみたいです。

テレビ局などの気象予報士の人が書いた天気予報の原稿を読むのが現在の仕事となっています。

天気予報士の講義

それに対して男性のキャスターは気象予報士の資格を持っている方がほとんどです。

毎年20名しか合格者のいない女性気象予報士の中でお天気キャスターとして活躍されている方はまだまだ少ない状況なのです。


Parse error: syntax error, unexpected '<' in /home/zvfzarq7/public_html/wp-content/themes/desk-mess-mirrored/footer.php on line 26